啄木と札幌(3)啄木が見た札幌の町並み

啄木が見た明治40年当時の札幌の町並みは、ビルが林立する今の光景とはまったく違うものでした。

当時の札幌がどのような町だったのか、その一端を垣間見ることができる絵はがきを紹介しましょう。

画像


これは、建物の状況から見て、大正から昭和にかけての大通公園のようです。啄木の時代からは少しあとになりますが、明治末期も、町並みはほぼこれに近い様子だったと思われます。

絵はがきの下部には、「緑葉都市の誇り、大通り逍遥園」とあります。当時は「大通公園」ではなく、「逍遥園」と呼ばれていたのですね。一部分(大通西二丁目)は、北側から電話局の建物が張り出して、今よりもせまくなっている様子がわかります。自動車も見当たらず、ゆったりした区画整理がなされている市街の光景を想像することができます。

さて、次の絵はがきは、「廣荘なる札幌北一條通」とあります。大通公園に並行して走る一本北側の街路が北一条通りです。現在の北一条通りは、西三丁目から東側は国道12号線にあたり、市役所や時計台が接しているのもこの通りになります。この写真も大正頃と思われますが、パラソルを差して歩く和装の女性の様子から、当時の風俗が見てとれます。道路には行きかう自動車もなく、前回紹介した啄木の歌にあるように、確かに「幅広き」様相ですね。

画像


当時は旅行にカメラを携帯するなどということは、まず有り得ないことでした。地方を旅した人たちは、こうした絵はがきを購入したり実際に知人に差し出したりして、旅の思い出を記録していました。啄木がどのような景色の中で詩作に耽ったのか、想像を膨らませるのに、こうした絵はがきは大いに役立ってくれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック