俵万智のエコーはがき

俵万智さんの第一歌集『サラダ記念日』がベストセラーとなったのは1987年、今から25年ほど前になります。当時私は中学生でしたが、俳句や川柳に比べて何となく堅苦しいイメージのあった短歌が、この歌集のおかげで一気に親しみの持てるものになりました。

さて、今回はそんな俵万智さんの歌がアレンジされたエコーはがきを紹介しましょう。

画像


福井県がスポンサーとなって発行したこのエコーはがきは、福井県の花である水仙を背景に、俵万智さんの短歌を配しています。

海鳴りに
耳を澄まして
いるような
水仙の花
ひらく
ふるさと

俵万智

細身の文字は活字の毛筆フォントのようにも見えますが、少なくとも署名は細筆で書いた手書き文字ですね。俵さんの直筆でしょうか。

ところで、俵さんの生まれ故郷は大阪ですが、中学、高校時代を福井県で過ごしたことから、第二のふるさととして福井を強く意識されているものと思います。「サラダ記念日」には、「買い物に出かけるように「それじゃあ」と母を残してきた福井駅」などという歌も出てきます。

ところで、俵万智さんと同じ大阪出身の与謝野晶子の歌にも、「海鳴り」と「ふるさと」を詠んだ次のような歌があります。

海恋し潮の遠鳴りかぞへては 少女(おとめ)となりし父母の家

晶子の生家があった場所は、現在は町の中心部になってしまいましたが(http://ikezawa.at.webry.info/200912/article_4.html)かつては海岸が近かったと言われています。遠く故郷を離れ、海の遠鳴りに耳をそばだてていた頃を懐かしく思い起こす気持ちは、水仙の花を通して耳に届く海鳴りとどこか繋がっているようにも思えます。



【中古】afb【古本】サラダ記念日/俵万智
古本市場オンライン 楽天市場店
作者:俵万智初版発刊月:1987年05月ハードカバー小説ISBN:4309004709

楽天市場 by 【中古】afb【古本】サラダ記念日/俵万智 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック