宮澤賢治が暮らした自啓寮

本日、8月27日は宮澤賢治の誕生日です。今から117年前の明治29(1896)年8月27日、宮澤賢治は岩手県稗貫郡花巻町(現在の花巻市)に生まれました。今日はそれにちなんで、賢治が通っていた盛岡高等農林学校の絵葉書を紹介しましょう。

以前、このブログでも、盛岡高等農林の絵葉書を紹介しましたが、この絵葉書はブログが縁で、もう一通の明治期に差し出された盛岡高等農林のはがきとともに、弘文堂の『宮澤賢治イーハトヴ学事典』に掲載いただきました。

今日紹介するのは、賢治と同時代に盛岡高等農林の寄宿舎に住んでいた人が差し出した手紙です。まずは宛名面をごらんください。

画像


残念ながら消印の年号が不鮮明なのですが、おそらく大正期だと思われます。宛名は、「東京神田区柳原川岸勢國屋方 大村斉様 御内」となっています。柳原は、神田川の万世橋から浅草橋に至る南岸一帯をさす江戸時代からの呼び名です。柳原川岸(柳原河岸)という地名、調べてみると昭和初期の町名改正時期には消滅していますが、現在の千代田区神田須田町二丁目から岩本町の神田川南岸一帯にあたるようです。勢國屋はちょっとわかりませんが、この一帯にあった問屋、商家の屋号でしょうか。

差出人は「盛岡高等農林学校 寄宿舎 三浦弟二郎」と読めます。

絵葉書の裏面を見てみましょう。

画像


キャプションには白抜きで「盛岡高等農林学校」とあり、校舎の写真がアレンジされています。校舎の前に広がる畑には立札がずらりと並んでいます。植えられている植物の名前を記してあるのでしょう。

小さな文字で記された本文には、「在京中は一方ならぬ御好意を承り有難厚く御礼申上 云々」とあります。差出人は地方から上京し、東京でしばらく生活した後、盛岡に赴いたのでしょうか。

「三十一日午后一時着 直ちに入舎」「当地積雪一尺余りなることも中々さかんなるものに」と続く文面からは、雪深い盛岡の地に暮らすことになった不安が伝わってくるようです。消印が2月3日ですので、1月31日に盛岡に到着したものと思われます。

よく見ると、写真の真ん中ほどにカタカナで「キシクシヤ」という書き込みがあります。差出人が暮らしていた寄宿舎のことでしょう。これが、賢治も入寮していた寄宿舎「自啓寮」です。

賢治が故郷花巻を離れ、自啓寮で暮らしていたのは大正4年(1915年)4月から大正6年4月までの二年余りでしたが、賢治にとっては実に密度の濃い刺激的な二年間だったようです。賢治の入寮から遅れること一年、大正5年4月13日に賢治と同じ部屋に入寮した保阪嘉内は賢治の生涯にとってかけがえのない親友となり、後の作品『銀河鉄道の夜』に登場する主人公ジョバンニの親友カンパネルラにはこの保阪嘉内のイメージが投影されていると言います。

私も学生時代に3年ほど、大学の傍にあった風呂なしの下宿屋で多くの同世代の人たちと同じ釜の飯を食べていた時期がありますが、今思えば数多くの新しい出会いの中で、まだ見ぬ世界観が広がっていく興奮は心地よいものでした。

一枚の古い絵葉書から、そんな青春の一ページをふと思い出してみたりするのも、また楽しいものです。

"宮澤賢治が暮らした自啓寮" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント