テーマ:軽井沢

軽井沢 有島武郎の別荘「浄月庵」は今

前回のブログで紹介した有島武郎の終焉の地には、かつて武郎の別荘「浄月庵」がありましたが、この建物は現在、軽井沢高原文庫の傍に移築復元され、喫茶店「一房の葡萄」として利用されています。昨年9月にここを訪問してきましたので、紹介したいと思います。 道路に面した看板には「ライブラリーカフェ 一房の葡萄 旧有島武郎別荘 浄月庵」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽井沢 有島武郎終焉の地を訪ねて

有島武郎は大正12年(1923年)年6月、軽井沢の山荘で心中を遂げました。昨年9月、その山荘跡地を訪問してきましたので紹介したいと思います。 軽井沢で最期を迎えた有島武郎は、私の故郷である北海道にもゆかりのある作家です。武郎は札幌農学校(現在の北海道大学)で学び、後に英語教師として農学校の教壇に立っていました。また、私の実家からほ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

堀辰雄が住んだ山荘

軽井沢高原文庫の敷地には、かつて堀辰雄が暮らしていた山荘が移築されています。 数年前に初めて訪れたのは11月、すっかり夏も終わり、落ち葉の積もった林の中にたたずむ山荘はどこか侘しげでした。 今回の訪問は10月。高原の夏は終わっていましたが、もみじが色づきはじめ、比較的穏やかな風の中で、ログハウス風の山荘はくつろいでいるように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北杜夫と軽井沢

先週末、久しぶりに軽井沢まで足をのばしました。あちらこちらで紅葉が色づき始め、確実に秋の気配がせまる高原の風を感じつつ、軽井沢を愛した作家の足跡をいくつか訪ねあるきました。 軽井沢高原文庫では、「秋季特別展 本の虫・虫の本 ~ヘルマン・ヘッセ&どくとるマンボウ昆虫展」を開催中でした(開催期間は10月1日から11月30日まで)。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more