テーマ:手紙

湘南文学散歩(1)明治時代の鎌倉見物

「切手の博物館」にて、2月26日まで開催中のパソコン郵趣部会展'12に『湘南文学散歩』と題して、湘南地区ゆかりの作家を紹介する作品を展示しています。作品の中では、鎌倉や江ノ島、茅ヶ崎の歴史についても、絵葉書やパンフレットを使って紹介しています。 今回はその展示品の中からピックアップしたマテリアルを紹介したいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ゼロの焦点』に登場するナゾの消印

松本清張の『ゼロの焦点』は2009年に映画化され、数ヶ月前にはテレビでも放映されたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。ごく小さな事件を発端として、昭和30年代という、新しい時代に変わりつつありながら戦争の傷跡が残っていた日本の姿がリアルに再現されており、なかなか楽しめました。 そのラストシーンで、広末涼子演じる主人公の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『沈まぬ太陽』に登場する手紙(2)

前回に続き、映画『沈まぬ太陽』に登場する手紙をもう一つ、紹介しましょう。 物語の終盤で、主人公の恩地とともに労組を引っ張っていた、香川照之演じる八木書記長のささやかな復讐劇が描かれます。 労組での活動を会社に疎まれて左遷人事にあい、さらに行天常務に不正な金の工作を命じられていた八木は、その指示や工作の顛末を克明に手帳に書き記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『沈まぬ太陽』に登場する手紙(1)

2009年に映画化された山崎豊子の大作『沈まぬ太陽』。数ヶ月前にテレビでも放映されたので、ごらんになった方も多いのではないかと思いますが、細部にわたってリアリティあふれる描写がちりばめられ、目を奪われました。 その映画に、いくつか手紙が登場しますので、検証してみたいと思います。 渡辺謙演じる主人公の恩地元は、パキスタンのカラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

萩原朔太郎の妹宛て書簡

ここに一通の書簡があります。宛名は、前橋の津久井幸子という人物です。 ふと気になって調べてみたところ、この人物は、詩人・萩原朔太郎の妹であることがわかりました。また、あて先の住所「前橋市北曲輪町六十九」は、萩原朔太郎の生家の住所でした。今回、この生家跡を実際に尋ねてきましたので、紹介したいと思います。 萩原朔太郎の実…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more