テーマ:窪田空穂

窪田空穂の隣に住んでいた「先生」の謎

昨年5月、窪田空穂の書簡とその本文をこのブログで紹介したところ、書簡の宛名人に関する詳細なコメントをいただきました。その中で、「隣りの先生、虫歯でやつれてゐます。」という部分の「隣の先生」について、少し調べてみましたので紹介いたします。 ブログのコメントでは、會津八一のエッセイ『續渾齋隨筆』(中公文庫)にそのヒントがあるとご教示い…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

窪田空穂の書簡を読み解く

前回のブログで紹介した窪田空穂の書簡には、便箋3枚からなる本文が残されていました。かなり癖のある筆跡なので解読には苦労しましたがおおよその内容がつかめましたので紹介したいと思います。なお、この書簡が書かれたのは、書簡の日付から昭和2年5月30日と思われます。 まず一枚目です。 「御手紙拝見。旅行の折には案外いゝ事になるか…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

窪田空穂と豊橋歩兵第十八聯隊

前回のブログで、荻原井泉水の書簡の宛先が、歌人・窪田空穂の出身小学校であるという話題に触れましたが、その窪田空穂の書簡も所有していますので、紹介したいと思います。 窪田空穂(くぼた うつぼ)は、1877年(明治10年)に長野県東筑摩郡和田村に生まれました(先日のブログでも触れたとおり、和田村は松本市に合併され、現在は松本市…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more